タイトル
  蔦屋耕書堂

蔦屋重三郎 年表

絵に見える蔦屋重三郎

遊郭

用語の説明

ネットワーク人物辞典

本と浮世絵

参考文献

 

 

 






 


「蔦屋耕書堂」にようこそ! 江戸のメディアの最先端にご案内します。


このページは、蔦屋重三郎(つたやじゅうざぶろう)についてのページです。蔦屋重三郎は1750年に生まれて97年に亡くなった版元です。つまり200年前の人です。「耕書堂」は蔦屋重三郎が経営していた出版社兼小売店の名称です。

耕書堂は地本問屋(絵草子屋ともいう。物之本を出す書物問屋に対して、娯楽的な絵本、洒落本、芸の稽古本、歌舞伎のダイジェスト絵本、浮世絵、細見、狂歌絵本など、一般的で軽い本を扱う本屋のこと)です。

蔦屋重三郎は、浮世絵師の写楽や歌麿、作家の十返舎一九や曲亭馬琴を発見し、その才能を引き出した人です。浮世絵師で作家の山東京伝(さんとうきょうでん)を支え、長いあいだ活躍の場を提供した人です。才能のある武士、朋誠堂喜三二や恋川春町とともに生きた人です。浮世絵の「大首絵」や、文学と絵画が一体化したジャンル「狂歌絵本」を企画した人です。枕絵を品格のあるドラマとして演出した人です。

蔦屋重三郎は、さまざまなメディアにも登場しましたので、まずその描かれた姿を見てください→絵に見える蔦屋重三郎。

「蔦屋耕書堂」サイトでは、年表、語い説明、ネットワーク人物事典、耕書堂の本と浮世絵、遊郭などの、情報と図版を入れてゆきます。遊郭のページを作るのは、蔦屋重三郎が吉原細見(ガイドブック)の店として出発したからです。

意見を聞きながら、サイトを充実していこうと思っています。

 


lian.webup08.jp/tutaya/ に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに 国際条約により保護されています。リンクはご連絡ください。


   Copyright c) 2002
WEBUP All Rights Reserved.